デトックスで代謝をアップしてリバウンドしないダイエット〜体質は変えられる!〜

何度もダイエットを繰り返した人、一度は痩せてもすぐにリバウンドしてしまう人はまず体に溜まった余計な物をデトックスすることです。体の中をクリアにすることでダイエットを加速し、おまけに美肌、アレルギーや不定愁訴の解消にもなる方法をお伝えしてます。

花粉症を薬に頼らずに治すために一番最初に試すといいこと

f:id:fitmetaisitsu:20180304211123j:plain

お引っ越ししました。新しいブログはこちら


季節の変わり目にやってくる、憎いやつといえば花粉症ですね。

その昔、私も散々苦しめられました。

何もしなくてもたらーっと出てくる鼻水、止まらないくしゃみ、目もかゆくて周りは気味、頭はぼーっとして働かず・・

鼻セレブを使っても鼻の下がピリピリと痛み、せっかくのメイクも台無し。

何か体に不調があるとすぐ病院通いばかりしていた私は、アレルギーの薬を処方してもらい飲んでいました。

 

花粉症で薬が手放せないという人は多いんじゃないでしょうか?

というか、近頃は花粉症じゃない人を探すほうが難しいくらいです。

今は眠くなりにくい薬もけっこうあるようで、飲んでおけば症状が軽く済んで楽なので

気軽に飲んでいる人が私の周りにも多いです。

 

眠くなりにくいから飲んで大丈夫・・

仕事や勉強で集中力を欠きたくない人には何とも耳障りのいい言葉ですが、そもそも

花粉症の症状がある時点で頭はぼーっとするし、いつものコンディションと比べると低下しているはず。

何もしなくとも、花粉症の症状がないのがベストですよね。

私は決して薬を飲むこと自体を否定はしていません。

ここ!という時に症状を抑えたい!という場面もあるでしょうし、不快な症状に耐えてなんぼ・・とも思いません。

 

ただ、何か体に不調があるときに生活習慣を見直すことなく、何かに頼る考え方はもったいないなぁと思うのです。

 

なぜかというと、私自身が花粉症、アレルギー性鼻炎アトピーを薬に頼らずに改善した経験があるからです。

 

子供の頃から、いわゆるアレルギー体質で、何かといえば病院では

 

あなたはアレルギー体質だから。

 

という言葉で片付けられてきました。

人生で出会ったお医者さんの誰一人として、アレルギー体質を改善する方法は教えてくれず、いったん症状を抑える薬を処方するだけでした。

でも、さまざまな症状が増えるにつれて、

 

そもそもアレルギーが出ない体にはなれないんだろうか?

 

こんな疑問が生まれてくるんです。

それが、健康というものに強く興味を持ち、何とか薬んに頼らずに花粉症をはじめとするアレルギー症状を治すことはできないか?と考えるきっかけになったんですね〜。

 

花粉症がいよいよ辛くなったのは、留学していたカナダから帰国し、とある外資系企業で役員秘書として働いていたときのことです。

充実した毎日だったけど、花粉症の症状がひどく体調は最悪でした。

 

 

これまでも花粉症に散々苦しんできた私が、あるものをやめただけでいっぺんに症状が出なくなったんです。

 

それは、乳製品です。

その時の私は同時にチョコレートと、お肉も断ちましたが、そこは

食べ方によってなので今はそれら自体が深刻な症状を引き起こすとは考えてません。

チョコレートやお肉についてはまた別で書きますので・・

 

牛乳、ヨーグルト、チーズ。

 

特に分かりやすかったのは牛乳ですね。

コーヒーはラテを注文することも多かったですし、何よりも私は子供の頃から

牛乳が大好き!だったんです。

家にはいつも紙パックの牛乳があって、飲みたいときにガブガブ飲んでいましたし、給食でも毎日。

ヨーグルトも大好きで、よく買って食べていました。

ヨーグルトって、何だかヘルシーなイメージありますしね。

 

花粉症で苦しんでいる人にさりげなく食生活を尋ねると、ほぼ100%乳製品好き、もしくは毎日摂っていました。

 

乳糖不耐症、聞いたことありますか?

 

乳糖不耐症とは、ラクトース(乳糖)を摂取すると下痢や腹痛などの消化不良症状を引き起こすもので、日本人の80%が乳糖不耐症だと言われています。

消化不良・・ということは、健康にとって大事な腸内環境を悪化させるということでもあります。

 

動物性食品やスイーツを全部やめて、ベジタリンになるというアプローチはハードルが高すぎますよね。

だったら、まず乳製品だけ減らす、やめてみるという選択はありじゃないですか??

 

ハマる人はぴたっとハマりますよ〜。

 

ちなみに私は下痢体質もこれでさっくり改善されましたよ。