デトックスで代謝をアップしてリバウンドしないダイエット〜体質は変えられる!〜

何度もダイエットを繰り返した人、一度は痩せてもすぐにリバウンドしてしまう人はまず体に溜まった余計な物をデトックスすることです。体の中をクリアにすることでダイエットを加速し、おまけに美肌、アレルギーや不定愁訴の解消にもなる方法をお伝えしてます。

代謝を上げるためにぜひ摂っておきたい大事な栄養素

お引っ越ししました。新しいブログはこちら

 

代謝を上げてダイエットを成功させましょう!

こんな言葉とともに、筋肉をつけましょう。というのは、もはや常識という感じですね。

確かに、筋肉をつけると基礎代謝が上がり、脂肪燃焼効果が高まるのは事実です。

 

でも、世の中には特に運動習慣がないのにスリムな体をキープしている人がたくさんいます。

学生時代にバリバリ運動していたから、その時についた筋肉がカバーしてくれているのでしょうか?

 

私の周りにも、過去に運動経験もなく、現在も運動習慣もないのにスリムな人はたくさんいました。

私自身、若さもあったかもしれませんが何もしていない頃のほうがスリムでした。

 

あとは、学者タイプの人や分かりやすいところでいうと棋士なんかも比較的スリムじゃないですか?

最近は藤井くんのおかげで将棋がまた注目されていますが、彼らは対局中正座のまま過ごし、その間しっかりと食事を摂り、おやつまで食べていますが体重は増えず、むしろ減るくらいだそうです。

頭をフル回転させ、きっとものすごい勢いで脳はブドウ糖を消費していってるんでしょうね〜。

そう考えると、どうやらトレーニングで筋肉をつけるとか、運動で体を使ってエネルギーを消費することだけが代謝をあげるわけではない、とイメージできると思います。

 

代謝」というと、ダイエットでも大事だと言われるのが基礎代謝です。

基礎代謝とは、生きるために必要な呼吸や内臓を働かせること、体温調節や筋肉の働きに使われるエネルギーのことで、横になりじっとしていても、ただ生きているだけで消費されるエネルギー量を表しています。

筋肉量が多いと、基礎代謝のうちの筋肉が消費するエネルギー量が増えるのでその分太りにくいとは言えます。

 

多くの運動指導者はここに着目して、

 

基礎代謝を上げるために運動だ!トレーニングだ!

 

と猛アピールしますが、アスリートレベルならともかく、テストステロンというホルモンが圧倒的に少ない女性はそんなに簡単に筋肉は増えないんです。

しかもこの基礎代謝、脳や内臓での消費が半分以上とされ、筋肉は20%程度という調査結果もあるんですね〜。

運動も筋肉も大事、だけどそこにとらわれすぎると無理しすぎてしまう可能性もあるってことです。

  ※運動が不要ということではなく、そこが最優先ではないってこと。健康のために

  適度な運動は必要です!

 

 私たちは、食べたものを消化吸収し、それをエネルギーにし、燃料としています。

その代謝の過程で必要不可欠な栄養素が、ビタミンB群 です。

 

三大栄養素(タンパク質、脂質、糖質)からミトコンドリア(エネルギー産生にかかわる細胞)内でATP(アデノシン3リン酸:2個の高エネルギーリン酸結合をもつ化合物。体を動かすエネルギー)を産生する仕組みをクエン酸回路といいます。

 

何やら難しい話だけど、体がエネルギーを生み出す仕組みとしてこんなことが起こってるんだな〜くらいの理解でいいので。

 

このATPを産生するプロセスで必要となるのが、ビタミンミネラルなんです。

 

だから、日々の食事でビタミンミネラルを摂ること、無駄に失わせないことが大切なんですね〜。

 

ビタミンミネラルというと、

 

 ・ビタミンC、A、K、B・・・など

 ・カルシウム、マグネシウム、鉄・・・などなど

 

色々ありますが、その中でポイントとなるのがビタミンB群ってことなんですね。

気になる人は、クエン酸回路、TCAサイクル、TCA回路などのワードで見てみると面白いですよ。

図で見てみると、どんな風にビタミンB群が関わってきているかの理解が深まると思います^^

 

ちょっと長くなってきたので、ビタミンBを含む食材などについては別記事で書いていきます。

 

とにかくビタミンB群が代謝に関わる大事ななもので、ぜひ摂っておきたい栄養素であるということを覚えておいてください。