デトックスで代謝をアップしてリバウンドしないダイエット〜体質は変えられる!〜

何度もダイエットを繰り返した人、一度は痩せてもすぐにリバウンドしてしまう人はまず体に溜まった余計な物をデトックスすることです。体の中をクリアにすることでダイエットを加速し、おまけに美肌、アレルギーや不定愁訴の解消にもなる方法をお伝えしてます。

食べたいけど太りたくないからチューイングしてしまう(摂食障害からの解放04)

f:id:fitmetaisitsu:20180311103342j:plain

お引っ越ししました。新しいブログはこちら


チューイング、という行為があるのを知っていますか。

 

チュー(chew)とは、英語で「噛む」ことです。

バイト(bite)よりも、咀嚼という意味合いが強い言葉です。

 

チューイングとは噛むことなんですが、その後に飲み込まずに吐き出してしまうんです。

この行為の裏側には、

 

食べたいけど太りたくない。

だから、飲み込まずに吐き出しちゃう。

 

ってことなんです。

 

やり方は違うものの、過食嘔吐と同じ種類なんです。

 

考えとして、

 

食べたい

 ↓

でも太りたくない

 ↓

飲み込まなければ太らないだろう

 

要は根底に、食べたことを帳消しにしたい という思いがあるんですね。

 

本当に噛むだけで、飲み込まなければ太らないのでしょうか??

 

チューイングをする人の食生活の特徴として、3食はサラダ、わかめやもずく、こんにゃくなどの栄養もカロリーも少ないもので済ませる人が多いです。

 

そして、それ以外の時間は自分が食べたいものに頭の中が支配されていて

それらを手に取り、噛むことはするけど飲み込まないという行動に出ます。

こっそりビニールやおトイレに吐き出しちゃうんですね。

 

たいてい、チューイングするものは普段禁止しているもので高カロリーのものばかりです。

 

例えば、

 

 ジャンクフード

 

 スイーツ

 

 高カロリーの揚げ物  など。

 

 

まずは飲み込んだものの栄養を考えてみましょう。

 

わかめやもずく、サラダ…

 

通常は副菜として食べられるものであり、糖質、タンパク質、脂質などの含有率は低いです。

体を作る材料はおろか、活動のためのエネルギーすら圧倒的に不足しています。

 

こんな栄養状態になると、はじめのうちは痩せます。(正確にはやつれる)

 

だけど、この状態が続くと脳は「やばい!」と、超省エネモードに体を切り替え、

少ないエネルギーで活動をはじめ、体の機能を下げます。

そうすると最終的には太っていきます。

 

これが、チューイングをしても太ってしまう理由です。

今あなたがチューイング行為をしていて、痩せていたとしてもいつかは必ず

体のメカニズムに沿ってじわじわ太っていくことは避けられないでしょう。

 

 

それに加えて、噛んでいるけど飲み込まない。という体が混乱する行為もしています。

 

私たちは、口に食べ物が入ると噛むことで唾液がよく分泌され、消化を促します。

 

よく噛むことで、唾液や胃液がしっかりと分泌され、その結果血糖値が上がりやすくなり、満腹感を得られ、消化の働きも高まるんです。

 

食べて(飲み込んで)いないのに、血糖値も上がるし、胃液も出る。

 

だけど、胃はからっぽ。

 

偽の満腹感はあっても、体は満足はしていない。

 

体はめちゃくちゃ混乱します。

 

消化の対象となる固形物がないのに胃酸過多になり、胃がやられます。

 

食べ物が口に入っている時間が長いので、虫歯にもなりやすくなります。

 

事実、チューイングをする人は胃痛を訴えるひとはとても多いのです。

 

さらに、自律神経のバランスが崩れるので過食のスイッチが入りやすくなり

ゆくゆくは、過食嘔吐エスカレートすることも。

人によっては、普段も飲み込むことが怖くなりひどい拒食になることもあります。

 

チューイング行為は、ダイエットのプラスになることはありません。

 

食べたことも決して帳消しにはできません。

 

体を悪くし、過食嘔吐や拒食になる可能性もあります。

 

食欲のコントロールを強引な方法でやると、体と心のバランスがとれなくなるんです。

 

過食嘔吐がどうして体に悪いのかはこちらでも書いてます。

 

fitmetaisitsu.hatenablog.com

 

異常な食欲が湧いてからそれを何とかするのではなく、

 

普通の食欲があって、それに従って食べる。

 

この形にシフトしていくことが必要なんです。

 

そのためには、自分と仲良くするといいです。

 

まずは、異常な食欲が起こったら止めないことです。

 

fitmetaisitsu.hatenablog.com

 

吐き癖がある人にとっては、とても怖いことで勇気がいることだと思います。

 

だけど、食べるという一連の流れを途中で途切れさせることほど体に負担をかける行為はないし、食べたことをなかったことにはできないのです。

 

今はチューイングだけで済んでいる人も、今後過食嘔吐や拒食になってしまう危険性があることを知っておいてください。