デトックスで代謝をアップしてリバウンドしないダイエット〜体質は変えられる!〜

何度もダイエットを繰り返した人、一度は痩せてもすぐにリバウンドしてしまう人はまず体に溜まった余計な物をデトックスすることです。体の中をクリアにすることでダイエットを加速し、おまけに美肌、アレルギーや不定愁訴の解消にもなる方法をお伝えしてます。

健康になるため痩せるために運動をすると失敗してしまう理由

f:id:fitmetaisitsu:20180402100828j:plain

お引っ越ししました。新しいブログはこちら

 

健康やダイエットという体質改善を考えたとき、運動と食事の両方をしたほうがいいと

ほとんどの人が思っているのではないでしょうか?

 

ところが、以前の記事でも書いたように痩せるためにする運動には思ったような効果ががないばかりか、逆効果にすらなることもあるのです。

 

fitmetaisitsu.hatenablog.com

 

健康になりたい、痩せたい、こういう人はたいてい何か不調も抱えている場合が多いです。

 

 疲れやすい

 

 膝が痛い

 

 すぐ息切れする

 

 アレルギー

 

 食欲のコントロールができない

 

 ストレスが溜まっている

 

私は健康って何?と聞かれたら、こう答えます。

 

 気になるところがない状態。

 

どこか悪いところがあると、その部分が気になりますよね?

痛い場所、かゆい場所、不快感・・

 

これは体だけでなく、心の問題も同じです。

何かとらわれることがあると、そのことで頭がいっぱいになってしまう。

考えないようにしようとしても、また浮かんできてしまう・・

 

心も体も何にもとらわれていない、クリアな状態が健康のひとつの目安になります。

 

そう考えると、健康になる、やせる、というのはマイナスをゼロにする行為だともいえます。

 

いまマイナスの状態の人が、慣れていない運動をすることは果たしていいように作用するでしょうか???

 

これまで好きなように食べて、特に運動もしていなかった人が一念発起、ダイエットをはじめました。

 

大好きで毎日食べていたポテトチップス、ハンバーガー、炭酸飲料をやめ粗食にする。

 

毎日1時間のウォーキングをする。

 

これをやると、はじめは順調に痩せるでしょう。

 

だけど、慣れていないこと、本当は好きじゃないことはストレスの元になります。

 

体重が順調に減っているうちはテンションも上がっているので、続けられます。

 

だけど、停滞期に入り、数字が変わらなくなるとモチベーションは一気に下がります。

 

そこでぷつっと糸が切れて、暴食、ウォーキングはサボりに入り、リバウンド。

 

もしくは、もっとウォーキング時間を増やし、食べる量を減らし、また減り始めるけどいつかはリバウンド。

 

一生、食べる量を減らすことはできません。

こんな若いうちから食べる量を減らすと、本当に年老いたら食べるものがなくなってしまいます・・

 

fitmetaisitsu.hatenablog.com

 

ハードな食事制限だけでもかなりの不調をきたすのに、運動までがんばってしまうと体にとっては異常事態なんですね。

 

 

誤解しないでほしいのですが、運動は体にとっていいことです。

血流を促すので、顔色もよくなり、全身の循環がよくなります。

ストレス軽減効果もあります。

 

だけど、それは自分が楽しんでやっている場合の話です。

 

ダイエットとは本当に奥深いもので、嫌いなこと、嫌なことを無理やりやり続けると必ず失敗します。

 

ダイエットとは、ただ体重を減らすことではなく、健康になることだからです。

 

 

体質改善、ダイエットのために運動をはじめようと思っている人は自分の状態を見てみてください。

 

そして、やろうとしていることが本当に自分が心から興味があってやりたい!と思えることがどうかを判断してください。

 

体重が減って、目標達成したらやめる。

 

そうではなく、ずっと続けられるようなもの、いまの自分に合った負荷のものを選びましょう。

 

いまの自分にとって負荷の高いもの、チャレンジするようなものなら、少し視点を変えて

 

  健康になったら(ゼロの状態)はじめよう。

 

こう考えるといいです。

 

いきなりジャンプするから失敗します。

物事には順序があるのです。

 

健康になるため、痩せるために運動をするのではなく、

 

ゼロの状態になってから、やる。

 

 

人にもよりますが、おすすめはウォーキングやヨガ、呼吸法などです。

ピラティスや低負荷のエクササイズもいいです。

 

アーユルヴェーダの視点から、顔だち、骨格からもその人に合った運動というのはある程度判断できます。

もちろん過去の運動歴などの考慮も必要ですね。

 

 ※アーユルヴェーダ・・インド発祥の伝統医学。ドーシャと呼ばれる要素から導き出した体質診断をもとにしている。

 

お会いできる方にはそのあたりも含めてお話できますよ^^