デトックスで代謝をアップしてリバウンドしないダイエット〜体質は変えられる!〜

何度もダイエットを繰り返した人、一度は痩せてもすぐにリバウンドしてしまう人はまず体に溜まった余計な物をデトックスすることです。体の中をクリアにすることでダイエットを加速し、おまけに美肌、アレルギーや不定愁訴の解消にもなる方法をお伝えしてます。

あなたがファスティングでの体質改善やダイエットに失敗に終わる理由

f:id:fitmetaisitsu:20180501153156j:plain

お引っ越ししました。新しいブログはこちら

 

ファスティングは血液をきれいにし、疲れた内臓を休め、ホルモンバランスを整えるなど、素敵な効果がたくさんある素晴らしい物です。

 

ところが、このファスティングで体質改善やダイエットにチャレンジしても結果的に失敗してしまう人が多いのも事実です。

 

最近はファスティングそのものが有名になり、より身近になったのはとてもいい傾向ですがその分軽く考えて自己流やハードなやり方に走ってしまう人もいたりして危険なのです。

 

私たちにとって、食べるということは生きるために必要なことであり、あえて食べないという選択をする場合にはバランスを上手にとるべきです。

 

ダイエットを考えた時、ただ痩せる(体重を減らす)だけなら食べなければいいんです。

 

空腹に耐えられれば、食べないでいることが一番です。

あるところまではこの方法で減らすことは可能でしょう。

 

ところが人間の体はよくできていて、いつまでも栄養が入ってこないという非常事態が続くと、省エネモードにして脂肪を溜め込むという働きが起こります。

 

ダイエットだけ考えると余計なシステムに思えるかもしれませんが、このシステムのおかげで私たちはいざという時にもしばらく水だけあれば生きていけるようになっているんです。

 

前回の記事でファスティングに失敗するのは、やり方が間違えっているのと、やってはいけない体の状態だったと書きました。

fitmetaisitsu.hatenablog.com

 

正しい方法で取り組み、ファスティングをやれる体だったとしても失敗に終わる人がいます。

 

ファスティングでの成功というのは、ファスティングでクリアになった心身の状態を無理なくキープできる状態のことです。

 

体重でいうと、減った分の半分くらいは戻るでしょう。

これは、水分量の問題なのでリバウンドのうちに入らないので大丈夫です。

 

 

そうではなく、ファスティング期間後にまたすぐ体の不調が起きたり、食欲がコントロールできなくなったり、大幅に体重が増えてしまうとこれはファスティグによって良くなったとは言えないのではないでしょうか。

 

そんな状態になる人に共通することは、

 

 ファスティング期間だけ頑張って、普段の生活の改善ができていない

 

当たり前のことですが、ファスティング期間だけクリーンな状態にしても

もとの食事や生活スタイルが何ら変わっていなければリバウンドは避けられません。

 

むしろ、ファスティング後に 待ってましたぁ〜〜〜!とばかりに、我慢していた分のご馳走やおやつを過食することにもつながりかねません。

 

いくらファスティングそのものに、味覚を正常に整える効果があるとしても

生活改善の意識が低いとやはり元の生活に戻ってしまうのが人間です。

 

ファスティングを指導してくれる人はたくさんいます。

彼らの存在は、ファスティング中の不安を取り除いてくれたり、辛い時の励ましにもなり心強いものです。

ところが肝心の、普段の生活の改善にまで付き合ってくれる人はそう多くはないです。

 

極端な話ですが、普段の生活で

 

 ・出来合いのお弁当、スナック菓子やファストフード、清涼飲料水を好きなだけ摂る

 

 ・歩く機会がほとんどない

 

 ・睡眠時間が短い、夜更かし癖がある

 

こんな生活をしている人が数日間のファスティングにチャレンジし、見事やりきったとしてもリバウンドしてしまう可能性は高いのです。

 

ファスティング後の赤ちゃんのようなピュアな状態のところに、こういった刺激の強いものたちが入ってきたら・・

想像しただけで怖くないですか?

 

ファスティングは上手く利用すれば、体質改善やダイエットの起爆剤になりはずみをつけてくれます。

 

だけど上手く利用できなかったら・・前より状態が悪くなることもあります。

 

ファスティング中は、余計なものが入ってこなくなるので肌がツヤツヤになったり、朝起きるのが楽になったり、むくみも減るのですっきり見えます。

 

こういうメリットにだけ着目して、安易に繰り返すということは絶対にやめてください。

 

食べる量を減らすということは、その分食べる時にはいつも以上に栄養のバランスに気をつける必要があるんです。

 

そのあたりのこともしっかりアドバイスしてくれる人に相談してからにしましょう。