デトックスで代謝をアップしてリバウンドしないダイエット〜体質は変えられる!〜

何度もダイエットを繰り返した人、一度は痩せてもすぐにリバウンドしてしまう人はまず体に溜まった余計な物をデトックスすることです。体の中をクリアにすることでダイエットを加速し、おまけに美肌、アレルギーや不定愁訴の解消にもなる方法をお伝えしてます。

マクロビオティックで不健康になる?マクロビ実践者が語るその危険性について

f:id:fitmetaisitsu:20180517094851j:plain

 お引っ越ししました。新しいブログはこちら

 

マクロビオティック、通称マクロビは健康志向の人には人気がありますね。

マクロビは、玄米菜食と表現されることも多く、玄米中心で野菜の副菜をたっぷり頂く食事法です。

 

ヨガを教えていると、

 

 やっぱり玄米食べてるんですか?

 

 ベジタリアンなんですか?

 

 お酒は飲まないんですか?

 

こんな質問をよくされます。

やっぱりヨガって、ヘルシ〜なイメージが強いんでしょうかね。

 

実際、そういう食生活をしている先生はたくさん知っています。

その逆でお酒も、お肉も、パンもありがたく頂く!という人もたくさん知っています。

 

現在の私はというと、

 

 玄米は食べません。

 

 妊娠してからお酒は飲んでいません。(これは授乳のため。たまに飲みたくなる!)

 

 お肉もお魚も食べます。

 

ただ、過去にマクロビを実践していた時期はありますし、マクロビのお料理教室に通ったこともあります。

 

だから、その実態というか、数年間続けた結果どうだったか・・

そのあたりのことは、何も知らないのに批判する人や、いま現在はまっている人に比べたら説得力のある体験をしていると自負しています。

 

 

私がどうしてマクロビをはじめたか、などは省くとして数年間続けた感じとして

 

 基本的に動物性食品を摂らないので、それらに対する消化力が落ちる

 

 気をつけないと栄養不足になる

 

 正しく実践できている人はとても少ない

 

 ある種の偏食ともいえるので、考え方も偏っていく人が多い

 

 

マクロビを正しく実践できている人は少ないです。

玄米菜食=マクロビ というイメージが強いですが、実際は白身魚などを摂ることはOKとされていたりします。

マクロビの肝は、玄米食なんですが、この玄米が一番の問題なんです。

 

玄米を正しく炊けている人って、ごくごく少数です。

もっと言うと、玄米は白米と違って精製していないので気をつけないと「毒」にすらなります。

消化も悪いので、(腹持ちがいいともいう)よく噛む必要がありますし、よく噛んでいない人も多いと感じます。

 

fitmetaisitsu.hatenablog.com

 

そして、野菜の食べ方も心配です。

マクロビでは、根菜を推奨していて、葉野菜はあまり食しません。

(リマではなく、ビオクラ系は変化していて、食べたりする)

 

未精製のもの=パワーのあるもの。という考えなので、アク抜きしないで食べます。

 

これが危険だと考える理由です。

例えば、無農薬、有機ごぼうだったとしても、その土壌の安全性ってかなり微妙です。

 

命ある食べ物のパワーをあますところなく頂くために、アク抜きはしない・・

 

もっともらしい主張だけど、アクはやっぱり抜いたほうがいいです。

確かに、アクと一緒にビタミンミネラルも失われるかもしれませんが、他のおかずで補えばいいことです。

 

もともと消化の悪い玄米を、間違った炊き方で、よく噛まずに食べる・・

 

そうすると、いくらビタミンミネラルが豊富な玄米でも、その栄養を生かすことはできず、消化不良を起こし、その結果栄養不足に。

ただでさえ、動物性タンパク質の摂取量がすくないので、顕著です。

 

マクロビではタンパク質を、大豆や大豆加工品(大豆ミート)などで摂りますが、

これも注意が必要で、

 

大豆は発酵していないと消化があまりよくないのと、豆の毒性も心配です。

 

さらに、大豆ミートなどはしょせん加工品であり、人間の手がかなり加わってるので

命だパワーだ、という話じゃないですね。

 

実際、中途半端なマクロビかじりの人が多用する印象があり、ちゃんとマクロビを勉強して実践している人(先生、師範レベル)は常食しないようにしてましたね。

 

 

そして、物の考え方。

柔軟な人ももちろんたくさんいますが、偏った考えになりやすい、とは言えると思います。

マクロビが比較的メジャーな食事法とはいえ、マクロビのメニューを提供してくれるお店はそう多くないです。

 

ということは、外食などのお付き合いの際にその食事をすることは難しい。

 

そこで、今日は他の食事を楽しもう。と思えるか思えないか。

 

これは、摂食障害のところで書いた オルトレキシア にもつながりますね。

 

fitmetaisitsu.hatenablog.com

 

 

最後に私の体験談。

 

過去に数年間、マクロビの影響もあり動物性タンパク質をほぼ摂らない生活をしていました。

 

そんな中、お寿司屋さんに連れて行ってもらう機会があり、久々に色んな握りを頂きました。

 

・・・・・・・・戻してしまいました。

 

いいお寿司屋さんでしたし、食べ過ぎたわけでもない。

 

長いこと、お魚を食べていなかった私には、魚の脂の消化が難しかったんでしょう。

(お寿司はとても消化のいいたべものです。)

 

同じように、某カレーチェーンのカレーを食べて、即下痢をしたり。

(牛脂や豚脂は当時の私には超ヘビーでした)

当時勤めていた会社で残業をしているときに、みんなで出前しよう!という話になり、

断れなかった・・という経緯でした。

 

人間の体は、生活に合わせて適応します。

動物性タンパク質を食べない生活を続けると、それらを消化吸収する能力が下がるんです。

 

これって、何だか不自由じゃないですか??

ある意味、体が弱くなっているともいえます。

 

 

 

マクロビに対していろいろ書きましたが、すべて否定しているわけではありません。

エネルギーについての考察など、なるほどなぁと思えることもたくさんありましたし、

玄米菜食で病気が治った人がいるのも本当でしょう。

 

私自身、マクロビをはじめてからアレルギーが治ったり、プラスの面はあったのです。

 

ただ、長期間続けるものではないかな、と。

 

短期決戦ならいいと思います。

 

玄米や野菜の、いわばアクの力を借りて悪い物を排出することはできるのかもしれません。

 

だけどそれは、諸刃の剣であるということを知っておいたほうがいいですね。

 

100%の健康法、万人に合うものは存在しません。

 

自分がどうか、という感覚がもっとも大切です。

それを頭に置いて、今日の記事が参考になるとうれしいです。